本文へスキップ

住み慣れた地域で安心して高齢期を過ごせる街づくりに貢献します

理事長挨拶

理事長・医学博士 成川 守彦

日本は、2013年に総人口に占める高齢者人口(65歳以上)の比率が25%以上という超高齢社会となり、このわずか50年で、平均寿命は15歳延び、100歳以上が150人から6万人を超えました。これから人類史上初めての「超少子高齢・人口減少社会」に突入します。高齢期をどのように生きるかということは大きな課題であります。しかもこの高齢期は余生であってはなりません。

社会福祉法人守皓会は、『住み慣れた地域で安心して高齢期を過ごせる街づくり』を目標に社会福祉事業に邁進して参りました。
1990年9月宮崎町に特別養護老人ホーム田鶴苑とデイサービスセンター田鶴苑を開設し、1992年4月田鶴苑内に有田市在宅介護支援センター・訪問介護田鶴苑を、2007年4月港町に特別養護老人ホーム愛宕苑・デイサービスセンター愛宕苑・ケアハウス愛宕苑を、2010年7月にグループホーム愛宕苑、2013年12月野地区に特別養護老人ホームありだ橘苑・デイサービスセンターありだ橘苑を開設し、2017年4月ありだ橘苑に30床を増床しました。

今後もノーマライゼーションの精神のもと、介護老人福祉施設、デイサービス、ショートステイ、ケアハウス、グループホームや在宅介護などの支援を通じて、地域の皆様に安心して高齢期を過ごしていただける街づくりのお手伝いをさせていただきたいと存じます。
今後とも、皆様のご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。


Shukoh-kai Social welfare Corporation社会福祉法人 守皓会

(法人番号:4170005002509)

〒649-0316
和歌山県有田市宮崎町911
TEL 0737-82-0688