本文へスキップ

住み慣れた地域で安心して高齢期を過ごせる街づくりに貢献します

理事長挨拶

理事長・医学博士 成川 守彦

2017年10月1日現在、日本全体での高齢化率は27.7%です。
国連には高齢化率について3つの段階分けがあります。1つ目は高齢化率が7%以上14%未満の「高齢化社会」、2つ目は高齢化率が14%以上20-21%未満の「高齢社会」、3つ目は高齢化率が20-21%以上の「超高齢社会」です。現段階で日本は「超高齢社会」に該当します。
国勢調査の結果をみますと、1970年調査(高齢化率:7.1%)で「高齢化社会」、1995年調査(同:14.5%)で「高齢社会」に、2007年(同:21.5%)に「超高齢社会」を迎えるという道のりをたどってまいりました。我が国は今まさに「長寿社会」であるといえましょう。

この長寿社会において、高齢期をどのように生きるかということは大きな課題です。しかも、この高齢期は余生であってはなりません。

社会福祉法人守皓会は、ノーマライゼーションの精神のもと、1990年9月宮崎町に特別養護老人ホーム田鶴苑・デイサービスセンター田鶴苑、1992年4月田鶴苑内に有田市在宅介護支援センター・訪問介護田鶴苑を、2007年4月港町に特別養護老人ホーム愛宕苑・デイサービスセンター愛宕苑・ケアハウス愛宕苑を、2010年7月にグループホーム愛宕苑、2013年12月野地区に特別養護老人ホームありだ橘苑・デイサービスセンターありだ橘苑を開設。
更に2014年4月には有田市から養護老人ホーム長寿荘の指定管理者として受託され、『住み慣れた地域で安心して高齢期を過ごせる街づくり』を目標に社会福祉事業に邁進して参りました。

今後も社会福祉事業を通じて、地域の皆様の「クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)の向上」のお手伝いをさせて頂きたいと存じます。皆様のご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。


Shukoh-kai Social welfare Corporation社会福祉法人 守皓会

(法人番号:4170005002509)

〒649-0316
和歌山県有田市宮崎町911
TEL 0737-82-0688